ステージ4の癌はどのような治療するのか徹底解説!

微笑む女性

女性は注意しよう

医者

卵巣がんは自覚症状が少ないがんのため、健康診断は定期的に行った方が良いです。転移する可能性もありますので、早期発見が重要でしょう。良性の割合が高いですが注意していた方が良いです。

View Detail

悪性腫瘍は治療しよう

看護師

消化液を貯めている胆のうにがんが発生すると、消化液の排出が出来なくなってしまいます。胆のうがんは悪性のため、検査をして適切な処置を受けなければなりません。検査方法は様々あります。

View Detail

治療を諦めない

看護師

ステージ4。それは全身に癌が広がってしまっている状態を意味します。もう、完治は無理なのかもしれないと諦める方が多いですが、それぞれに移転した癌についてよく知ることで、まだまだ治療の目処は立ちます。
肺癌は3期までなら放射線治療を行ないますが、それ以上に進行している場合は他の臓器に転移しない予防治療に移ります。ステージ4の場合は緩和治療や抗癌剤での治療が主流です。大腸がんは抗がん剤が効きづらい疾患です。そのため外科療法や化学療法、放射線療法などを組み合わせて行ないます。しかし、放射線は大腸組織を破壊してしまう可能性があるため、稀にしか行ないません。

ステージ4だからと言って諦めてはそこで終わってしまうため、諦めずに治療を臨んでくれる医師を探すことが大切です。全国各地に複数の医院があるため探してみましょう。緩和ケアと言って痛みを和らげる治療を行ってくれる医院もあります。
症例の少ない癌を患ってしまった場合は、専門の総合病院に通院をした方が良いでしょう。抗がん剤も開発している病院だと様々な症例が集まっているため、適切な手術方法を受けられるかもしれません。各地の医療機関を検索することで自分に適している医院が見つかります。

ステージ4の癌は本人だけでなく、家族からのサポートも必要です。癌になると身体だけでなく、精神的にも負担を抱えてしまいます。実際に癌を告知されてうつ病までも発症させてしまった方もいるため、手厚いサポートをしてもらいましょう。メンタルを安定させることでステージ4の癌でも10年以上生きている方もいるのです。

検査から受ける

病院

聴神経に出来る腫瘍は、聴神経腫瘍です。難聴やめまいなどがある方は、突発性難聴だけでなく腫瘍も考えられるため、あらゆる検査を受けるべきです。治療法は複数あり、大きさや部位によって内容が変わります。

View Detail